ミャンマー進出を中心としたアジア・海外進出、新規事業開発のMax B.D.

ミャンマー進出における重要ポイント

前記事:日本企業のミャンマー進出の5つチャンスとリスク

ミャンマー進出における重要ポイントとして

経営課題及び進出目的に対し、チャンス・潜在性とリスクの両面をしっかり認識した上で、

  • 進出形態(独資、JV、委託、貿易取引等)
  • 提携先となる現地企業の選定
  • マーケティングを含むFS(事業化検証)
  • DD(提携先や法務面を含むデューデリ)

などを行った上で、しかるべきタイミングで進出を図ることが重要です。

特に、ミャンマーへの進出にあたっては、刻一刻と変化する状況です。

  • 市場、競合など他社他国の動向
  • 外国投資法や各種経済法等の法整備と行政運用
  • 各種リスク等の状況

そうした状況の把握、提携先の選定、進出タイミングの見極め、
及びリスクマネジメントが重要であり、難しい部分でもあります。

この重要かつ難しい部分の経営判断を含むプロジェクト遂行において、
Max B.D.では、ミャンマーの現地提携先と協働しながら、
誠意をもってお手伝いさせていただきたいと考えています。

ミャンマービジネスに関する対応可能なサービス内容の詳細は、こちらの海外進出支援業務を参照

ミャンマービジネス 詳細

ミャンマー進出 お問合せ